2007年11月15日

血液

コラーゲンの衰えにより起こる老化は肌などの美容だけではありません。
老化は血液から始まるのです。

血管は、細かい傷を絶えず負っているのですが、その傷の修復は、コラーゲンを合成する働きが鈍るとスムーズに行かなくなってしまうのです。
傷口の修復力が低下している状態は、、コラーゲンの新陳代謝も低下して、コラーゲンは柔軟性を失っているのです。
そのため、その部分が硬くなり、動脈硬化が始まります。
【関連する記事】
posted by コラーゲン at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | コラーゲン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。