2007年11月05日

衰え

コラーゲンを体内で合成する能力は、20歳前後でピークを迎えます。
そして、その後徐々に下がり始め、40歳を過ぎると急激に衰えてしまいます。
その結果、コラーゲンは、弾力性・柔軟性・水分保持能力が衰えて硬くなってしまうのです。
そのために、コラーゲンを摂取する必要があるのです。
【関連する記事】
posted by コラーゲン at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | コラーゲン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。