2007年10月15日

効果

コラーゲンは、さまざまな結合組織に、力額的な強度を与えるために役立っていて、若干の弾力性もあります。
腱の主成分なら、コラーゲン繊維がすきまなく配列しており、とても強い力に耐えることが出来ます。
骨や軟骨の内部では、びっしりと詰め込まれたコラーゲン繊維が、骨や軟骨の弾力性を増すのに役立っていて、衝撃で骨折などから守っています。
皮膚の弾力性や強度にも役立っています。
posted by コラーゲン at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 効果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。