2007年12月15日

コラーゲンは細胞となじみがよく、さらに、傷を積極的に治す働きも持っています。
コラーゲンの分子は、表面に親水性と疎水性の部分を持つ特異な構造をしています。
そのため、皮膚表面の角質層や皮脂と作用し、肌の上になめらかな白を作り、それが保水力の持続につながっているといわれています。
posted by コラーゲン at 00:00| Comment(9) | TrackBack(0) | 美容・健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。