2007年12月15日

コラーゲンは細胞となじみがよく、さらに、傷を積極的に治す働きも持っています。
コラーゲンの分子は、表面に親水性と疎水性の部分を持つ特異な構造をしています。
そのため、皮膚表面の角質層や皮脂と作用し、肌の上になめらかな白を作り、それが保水力の持続につながっているといわれています。
【関連する記事】
posted by コラーゲン at 00:00| Comment(9) | TrackBack(0) | 美容・健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月05日

摂取量

コラーゲンは、一日に10g程度を目安に摂取することよいといわれています。
コラーゲンそのものは、無脂肪・低カロリーです。

コラーゲンは多量に摂取しても無害ですが、糖尿病などで食事制限されている方や肝臓や腎臓に重い障害がある場合は、過剰な摂取はできないので、そのような方がコラーゲンを食べる場合は医師と相談しましょう。
posted by コラーゲン at 00:00| Comment(8) | TrackBack(0) | コラーゲン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月15日

血液

コラーゲンの衰えにより起こる老化は肌などの美容だけではありません。
老化は血液から始まるのです。

血管は、細かい傷を絶えず負っているのですが、その傷の修復は、コラーゲンを合成する働きが鈍るとスムーズに行かなくなってしまうのです。
傷口の修復力が低下している状態は、、コラーゲンの新陳代謝も低下して、コラーゲンは柔軟性を失っているのです。
そのため、その部分が硬くなり、動脈硬化が始まります。
posted by コラーゲン at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | コラーゲン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月05日

衰え

コラーゲンを体内で合成する能力は、20歳前後でピークを迎えます。
そして、その後徐々に下がり始め、40歳を過ぎると急激に衰えてしまいます。
その結果、コラーゲンは、弾力性・柔軟性・水分保持能力が衰えて硬くなってしまうのです。
そのために、コラーゲンを摂取する必要があるのです。
posted by コラーゲン at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | コラーゲン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月31日

美容と健康

コラーゲンは美容と健康に効果があります。
コラーゲンを摂取すると、肌がきれいになったり、ハリがでるなんてことはよく聞きますよね。
特に、最近はアンチエイジングブームなどでコラーゲンの人気の高さが分かりますよね。
化粧品や健康食品などさまざまな商品にコラーゲンが使われています。
posted by コラーゲン at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 美容・健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月15日

効果

コラーゲンは、さまざまな結合組織に、力額的な強度を与えるために役立っていて、若干の弾力性もあります。
腱の主成分なら、コラーゲン繊維がすきまなく配列しており、とても強い力に耐えることが出来ます。
骨や軟骨の内部では、びっしりと詰め込まれたコラーゲン繊維が、骨や軟骨の弾力性を増すのに役立っていて、衝撃で骨折などから守っています。
皮膚の弾力性や強度にも役立っています。
posted by コラーゲン at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 効果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月05日

コラーゲンとは

コラーゲンとは、真皮、靭帯、腱、骨、軟骨などを構成するたんぱく質のひとつで、多細胞動物の細胞外基質(細胞外マトリクス)の主成分です。
人の体内に存在するコラーゲンは、全たんぱく質のほぼ30%を占めています。
posted by コラーゲン at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | コラーゲン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。